オヤジの透析(時々ダイエット)記録

日々の出来事と透析の備忘録(時々ダイエットも…)

腎不全保存期のころ…

クレアチニンが10ポイント位の頃は戦々恐々しながらも普通に過ごせていたのですが、12ポイントを過ぎた頃、一気に症状が出始めました。


①息切れが酷く階段が上れない。

②身体中が痒い。

③全身が浮腫んでしゃがめない。

④寝ていると手足が攣りまくり。

⑤まともに歩けない。

⑥吐き気。

🕖体や口臭がアンモニア臭。

⑧考え事ができない。

⑨何か食べると即下痢。

⑩とにかくシンドイ。


よくもこんな状態で仕事をしていたものであります。

病院の先生からはクレアチニンが8を越えた頃から透析するように言われていたのですが。

あの保存期末期には戻りたくありません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。